片頭痛予報が出来る!気象状態によって現れる片頭痛って本当?

こんにちは、頭痛のジジイです。今日は天気予報の話と言ったら、叱られるでしょうか。片頭痛予報と言い換えても構いません。実は気象と片頭痛は密接に関わり合っています。私の母などは8割がた雨を予想することが出来ましたし、私もある程度雨の予想はできます。また逆に天気図を見ると明日片頭痛になり易いかどうかもある程度分かるようになりました。天気図を読める人は少ないですから片頭痛予報と言うのはなかなかできないかもしれませんが、天気予報ならあなたもできるかもしれませんよ。

実は片頭痛と言うのは気圧に影響されることが多いようです。私の場合は母も娘も同じようなものですが気圧の影響を受けているようで、頭痛が始まると明日は雨だと言うことになるのです。もしこれを読んでいる片頭痛持ちの人は是非ご自分の場合を試してみてください。頭痛になっているとき天気図上で気圧の低い位置になっていませんか、直ぐ傍まで低気圧が進んできていませんか、ちょっとテレビで確認してみると面白い結果になると思いますよ。

逆に片頭痛予報と言うものも可能で、以前は医療機器の販売会社が実際にネット上で、そのような予報をしていたことが有ります。これは先程とは逆で天気図上で低気圧が近づいてきそうなときには、片頭痛の発症を警告するものです。ですから天気図さえ読めれば比較的簡単に明日片頭痛になり易いかどうかが分かるので便利です。興味が有ったら一度試してみてはいかがでしょうか。隣人に片頭痛持ちがいるのであれば予報を出してあげたら喜ばれるかもしれませんね。

勿論ここで終わりでは芸が有りません。予報できるのであれば、片頭痛が回避できなければ片頭痛になるのを黙って待つしかありませんから嫌な気分しか残りません。しかし予報が出来るのですから、いつにもまして前兆に気を遣うことが出来ます。何らかの異常を捉えたらすぐに鎮痛薬を服用することで片頭痛を回避できる可能性は普段よりも高くすることが出来るでしょう。失敗も有るかもしれませんが、何回か経験すれば精度も上がってくると思います。

ただしこの話は気圧が片頭痛の発症に関わっている人だけの話と言って良いでしょう。片頭痛の引き金は患者によって違いますから、気圧に関係している人が多いからと言って、場合によっては、気圧が何ら関係が無いと言うような片頭痛患者もいるはずです。そういう場合はこのような予報をいくら信じたとしても、自分の片頭痛の予報には利用できません。ただし他にも片頭痛を誘発するような現象は有る筈ですので、自分に利用できる現象を探してみる価値はありそうです。

何らかの予報方法を見つけて実際に片頭痛が回避できたのであれば、そのような情報は他の片頭痛の患者にも大いに役に立つはずです。したがって何らかの方法で情報を公開してくれることを望みます。自分だけで長時間かけて探すのも重要ですが、大勢で色々と試すと言うことも効率を考えると大変重要なことです。気象以外に何か利用できる現象が有るのであれば私もぜひ知りたいので、情報公開を宜しくお願いいたします。