片頭痛の痛みが現れる前に感じられる様々な前兆現象とは

前兆現象と言うのは何かの事象が起こる前にその事象を暗示するように起こる現象を言います。事象によって前兆現象が有る場合も有れば無い場合も有りますが、片頭痛にも前兆現象が有ることが知られています。この前兆現象は片頭痛患者のすべてが感じると言う訳ではなく、感じる人もいれば感じない人もいて、個人差が大きく感じるとしてもその前兆現象は各患者ごとに違ってきます。そこでどの様な前兆現象が有るのかその例を紹介していきます。

最も例に挙げられるのが幻覚です。幻覚を見ると言うのは普通の人にとってはまず無いので片頭痛が手ごわいことを分かってもらうには良いのかもしれません。この幻覚の例として挙げられるのが、視野の中で目の前に歯車の様に三角形が並んでいるようなものです。私も見たことが有りますが、この歯車のようなものが回転しているように見えました。ただし1度しか見たことは無いので片頭痛の人は誰でも見る可能性は有ってもそう何度も見えるものではなさそうです。

視野の話でもう一つの例は、視野が一部欠けてしまうと言うものです。これはちょっと患者としては怖いですね。極一部であれば分からないことも有る筈ですが、大きくかけると言うことになると、片頭痛ではなくて何かの眼病を疑う人もいるはずです。私の場合にはこのような視野が欠けてしまったような経験はしたことが有りません。前兆なら良いですが眼病なら大変ですから、すぐに治らないようなら一応眼医者に行った方が良いでしょう。

次の例は言葉に現れます。良くろれつが回らないと言う事を言う場合がありますが、この前兆現象の場合にはそれ程ひどくは無いようです。ちょっといつもよりも話しにくく感じる程度で、周囲には気づかれないか、余程注意深い人でなければ分からない程度のものと言うことです。私の場合には殆ど経験が有りませんが、本を読んでいるときに、いつもより読みにくく感じたようなことが何回か有りました。ただし前兆現象と言う認識はできませんでした。

また手にしびれが出ることも有ります。もちろんそれ程ひどいものではありませんが、手を動かすときに動かしにくかったりすることがあるようです。前述した視野の欠けと一緒に現れることも有る様ですので、もし視野がおかしいようなら手にしびれが無いかを調べてみてください。私の場合にはこの手のしびれは感じた事は有りません。このように片頭痛患者でも感じる場合も有れば感じない事も有るので実際にはもっと違う現象もあるかもしれません。

最後に私がよく感じている前兆現象を紹介しておきます。私は本格的に痛みが始まる前に頭の中でピリピリうずくような感覚を憶えます。これが有ると1~2時間後には片頭痛の痛みを感じるようになります。私はこの前兆を利用して痛みを感じるまえに鎮痛薬を服用することにしています。片頭痛の方はこのように自分の感じる前兆現象を利用して薬の服用時期を決めることが出来ますので、前兆現象と言うのはそういう意味で貴重なものと言えるでしょう。

1.偏頭痛はどうやって治すの?原因と治療方法を知ろう!
原因や症状の解説が豊富で偏頭痛に悩む人に絶対お薦めです。

2.血圧を下げるには(高血圧本気対策
血圧高めの人に食事や生活習慣で改善する方法を提供しています。

3.うつ克服に効果がある代替療法を5つ厳選して紹介します!
うつ病が日常生活に与える障害と克服方法を紹介するサイトです。

4.8年もうつに苦しんだ人間が、高価な薬も使わずにうつを治し、精神科要らずになった方法を公開
うつ病で長年苦しんだ体験者が治療方法を紹介しています。

5.さまざまな体の病気や悩みに役立つ事典
多様な病気を紹介するサイトで体の不調に悩む人にお薦めです。

6.おならの悩みをサプリメントで解消しよう
清潔感のあるサイトデザインでおならの悩みを解決してくれます。

7.快適な眠りのエッセンス
このサイトを見れば睡眠不足の人もぐっすり快眠できそうです。

8.車椅子の視線から
脳卒中を2回経験して車椅子生活になった人の体験談が読めます。