効果が無い?片頭痛の時の市販頭痛薬の服用の仕方を考えてみる

こんにちは、頭痛のジジイです。あなたは片頭痛の時にどのような薬を使っていますか。私は市販頭痛薬で最強と言われるものを使っています。ほかの人も殆どの人が市販頭痛薬の何かを挙げると思います。ところが片頭痛の痛みと言うのは酷くなってしまうと生活に支障が出るほど酷く、実は本格的に片頭痛が痛み出した時は既に市販頭痛薬で抑えられる痛みを越えてしまっており、効果は殆ど無いか極めて限定的になってしまいます。

本来であれば片頭痛のメカニズムとして挙げられている血管の拡張を抑えるためにトリプタン系の薬剤を使うのが良いとされているのですが、残念ながらこれは処方薬以外にないため、なかなか頭痛で医者に掛る人が少ない現状では市販頭痛薬に頼るほかにこれと言った方法が有りません。このため片頭痛持ちの人はそれぞれ愛用している市販頭痛薬を持っているのが普通です。では市販頭痛薬は本当にあまり効果が期待できないのでしょうか。

市販頭痛薬と言うのは本当は頭痛薬ではなくて鎮痛剤です。これを服用すると痛む原因を抑えるのではなく痛みを緩和する働きが有るものです。したがって頭痛以外でも歯痛にも効きますし、足の痛みなども緩和されます。ある程度の痛みであれば、この鎮痛剤で充分痛みが取れますので、例えば同じ一次性頭痛である緊張型頭痛の場合には痛みの程度が低いので、これ等の鎮痛剤でも十分効果が有ります。では片頭痛で効果を出すにはどうしたら良いのでしょうか。

片頭痛の場合痛みが激しくなってしまうと、もう鎮痛剤では歯が立ちません。冷やして寝てしまう以外に病院に行くことを除けば有効な対処方法が無いのです。しかし片頭痛はいきなり激しい痛みの襲われると言うケースは少数派で、最初は何らかの兆候から始まる事が多いようです。私の場合は頭の中でぴりぴりした刺激を感じる所から始まります。患者によって兆候は様々です。実は片頭痛の場合市販の鎮痛剤はこのような時点で使えば効果が出るのです。

兆候の段階ですから、まだ痛みは有ったとしても極わずかです。この時点で痛みを抑えてしまえば、それ以上の症状まで進行するのを防げる事が多いようです。したがってこれまでかなり痛みを感じているので仕方がないく鎮痛剤を服用すると言うような使い方をしてきているのであれば、これからは何らかの兆候が見えた時点、あるいは痛みが多少あるが、今のところ生活に影響が出ることは無いと思える時点のうちに服用してしまうようにして下さい。

どうしても鎮痛剤が効かないと言うのであれば、別の鎮痛剤に変えてみると言う方法もあります。同じ薬を長期間服用していると、効果が薄れてくると言うことが有るため、時々薬の種類を変えてみると、効果を発揮するようになることが有ります。昔はもっと効いたような気がするという人は是非一度薬を変えてみることを勧めます。また鎮痛剤によっては胃を荒らす事も有るので、たとえ間食になったとしても何か食べてから服用するようにして下さい。