市販薬では限界が有る!酷い片頭痛の場合には薬を処方して貰おう

こんにちは、頭痛のジジイです。片頭痛で市販の鎮痛剤を効果的に使うには前兆を感じるようなごく初期の時点で服用するのが良いのですが、しかし所詮は市販薬です。それでも効果を発揮できず、症状が進んで行ってしまう事も多々あります。市販薬で効かなければ、もはや冷やしたうえで部屋を暗くして寝てしまうほかに自宅では対応のしようが有りません。しかし片頭痛はたかが頭痛と言われることもありますが、痛みの程度からすればかなり深刻な病気であることは間違いありません。

したがってそこまで進行してしまった場合は、他の病気と同じように病院に行くことを勧めます。ただし片頭痛の原因ははっきりとは分かっていませんから病院での治療も最近分かってきている片頭痛のメカニズムである脳内の血管の拡張を抑える事が主眼になります。このために病院ではトリプタン系の薬剤や、場合によってはエルゴタミン製剤を利用して血管の拡張の抑止や収縮を行います。これ等の薬剤は使い方によっては危険ですから勿論市販はされず、処方薬として購入することになります。

片頭痛を治療するために病院にいきたい!だけど、お金がない!という方はキャッシングがおすすめです!早ければ数時間でお金を借りることが出来るようです。(http://kinketujirou.com/entry-69/

頭痛ぐらいでと思っている人は多いですし、周囲の理解も得られない場合も有りますが、少なくとも本人は片頭痛の痛みから考えれば重病だと自覚する必要が有ります。痛すぎて日常生活も満足に行なえなくなるのですから、他の病気であればとっくに病院に行くところです。頭痛も同じなのです。痛みが有ればそれには原因が有り、薬を飲めば原因を抑えられなくても少なくとも痛みは解消するのです。遠慮せずに病院に行っても良いのではないでしょうか。

もし時間が有るのであれば、主治医に相談して頭痛外来に行ってみてはいかがでしょう。そうすれば頭痛の専門医の話も聞けますし、多くの症例から、どのように片頭痛と上手に付き合って行けば良いのかも参考になると思います。またいろいろと勘違いしていることも有るかもしれません。良く有る例が片頭痛と思い込んでいたのに緊張型頭痛だったと言うようなことや、深刻な場合には片頭痛持ちなんだけどそれに隠れて脳腫瘍が進行していたと言うような事も有ります。

正しい診断が有れば正しい投薬もうけることが出来ます。私は先程言ったトリプタン系やエルゴタミン製剤しか知りませんが、医療分野は日進月歩の世界でより症状に合った新しい薬剤の開発も進んでいるはずです。そういった効果の高い薬を利用する事が出来るのは病院に行った人だけです。病院に行くのは面倒だと思う人は多いですが、行ったら必ず片頭痛との上手なお付き合いの助けになるので、是非一度行ってみてください。

また病院では薬だけ出してもらえば良いと言う事ではありません。片頭痛を事前に防止するような生活についても色々と教えてくれるはずです。私の様に自分で手探りで片頭痛に影響する生活パターンをあぶり出すのも良いですが、特に働き盛りの人ではそんなことに時間を使っている暇は無いと言うような人もいるでしょう。そういう人も手っ取り早く生活改善するには病院を利用するのが一番です。先程時間が有ればと言いましたが、本当は時間を作ってでも行くべきだと思っています。