痛みが3日も続いた!すぐには治らない場合も有ることを知ろう

こんにちは、頭痛のジジイです。今回は私の経験から片頭痛はどのくらい続くのかをお話ししましょう。自分の片頭痛の場合を思い出して比較してみてください。私の場合発症するパターンは朝目が覚めた時に既に痛みを感じている場合と、日中徐々に痛みが増していく場合の2つが有ります。朝から痛い場合はその時点で鎮痛剤を服用したとしても時すでに遅しで、その日は痛みの増減は有りますが、ほぼ一日中続くのが普通です。

日中徐々に痛みが増していく場合には、なるべく早い段階で鎮痛剤を服用すれば、痛みは解消できる場合も有ります。この場合は長くても数時間で痛みは解消しますが、薬の服用が遅れると、やはりその日はもう多かれ少なかれ痛みと付き合うしかありません。ただしどの場合でも通常は一晩寝れば痛みは解消するのが普通です。ですから私の場合には、片頭痛と言うのはだいたい1日で解消するもので、早く明日になればいいなと思って過ごすことになります。

ところが長く片頭痛をやっているとこのパターンが崩れる事が有るのです。早く明日になればいいなと思って一晩寝て起きた結果、まだ痛みが続いていると言うことがあるのです。しかもその翌日も続きました。3日間片頭痛が続いたのです。これはそれまでになかったパターンだったので自分でも驚いたのですが、4日目の朝には痛みは引いていました。そこで片頭痛と言うものがどの程度続くものかと言うことをいろいろと調べてみたのですが、多くが最長3日となっており、4日以上と言うのはかなり特殊な例のようです。

片頭痛の痛みが3日も続くと考えただけで嫌になりますが、最悪の場合3日続く覚悟が必要と言うことです。こういう場合には3日も続くと考えるよりも長くても3日で終わると考えるようにした方が良いかも知れませんね。私の場合3日続いたのは後にも先にもこの時一回きりなので、なぜ3日も続くことになったのかは良く分かりません。よほど悪い条件が揃っていたのかもしれませんし、別々の原因がたまたま3日連続で発生していたのかもしれません。

私はこの時、医者にはいかなかったのですが、お勧めとしては2日目に突入した段階で医者に行って処方薬を貰った方が良いと今では考えています。もちろん最初から行った方が良いのですが、片頭痛も馴れてくると発症する度に医者には行きませんから、皆さんもそうそう医者にはいかないでしょう。しかし生活に支障が出るような痛みを3日も抱えるのはやはり、周囲への影響も大きいので、医療に頼るのが最も良いのではないかと思います。

もし4日目になっても痛みが引かない場合には、片頭痛ではない可能性も有ります。日頃片頭痛に悩まされている人は頭痛が有ると片頭痛と思いがちですが、実際にはそんな保証は何処にもありません。特に4日目になってもまだ痛いと言うことになると片頭痛以外を疑った方が良いかも知れませんので、必ずすぐに医者に行って適切な診断と治療を受けるようにして下さい。場合によっては命に係わることも有るので十分注意が必要です。