入浴は痛みを増す?片頭痛の間は入浴は避けたほうが無難です!

こんにちは、頭痛のジジイです。最近は病気であっても熱が出ていなければ入浴しても構わなかったり、短時間なら推奨している場合も有ります。私が子供の頃は調子が悪い時の入浴など論外だったのですから、時代は変わりましたね。しかし現在でも熱が有ろうがなかろうが入浴してはいけない病気は有ります。片頭痛もその一つで、経験がある人もいるかもしれませんが入浴することによってズキズキした痛みが増幅されてしまうのです。

私などはその痛みで風呂の中で倒れるのではないかと考えたことも一度や二度ではありません。では何故風呂に入るとそれ程片頭痛の症状が悪化してしまうのでしょうか。それは風呂に入ることによって血圧が上がる事と、血行が良くなることが原因として考えられます。血圧が上がれば脳内の血管の血圧も上がりますから、血管の周囲の神経を刺激することになりますし、血行が良くなれば血管が拡張して、これも周囲の神経に刺激を与えます。

これが片頭痛で拡張された血管内で起これば周囲への刺激でただでさえ痛いと感じているのに更に刺激が増えて激痛として感じるようになってしまう訳です。したがって片頭痛中の入浴は極力避けて痛みが治まるのを待ちましょう。一日二日風呂に入れなかったとしても死ぬようなことは有りませんから、多少気持ちが悪いかもしれませんが、我慢するよりしかたがありませんね。入浴で温めるよりも首筋などを冷やして寝ていた方がずっと良い対処法です。

もし汗になったりして、どうしても入浴する必要が有る場合は、体を拭くだけにするとか、温度を低くしてシャワーだけを使うとかの工夫をすることが必要でしょう。ただしそれでも血行は良くなるはずですから、片頭痛は多少悪化する可能性は有ります。十分注意しながら短時間で済ませるようにして下さい。現在では片頭痛で死を招くようなことは無いと言われていますが、血管が拡張したり収縮したりを繰り返すことが血管に良い影響が有る筈は有りません。

こういうことが積み重なれば、将来血管壁に影響が出て脆くなってしまう事も十分考えられます。特に場所が脳内と言うことになるとちょっと怖いですよね。例えば高齢者で脳内出血をした人が片頭痛を持っている割合などを調べたときどのような結果が出るのかについて大変興味が湧きます。今のところこういった統計は見たことが有りませんが、因果関係を調べるには一つの方法ではないかと思います。誰か医療関係者にお願いしたいですね

もしあなたが片頭痛だと思っていて、これまで頭痛発症中に入浴しても特に痛みが増幅したりするようなことは無かったと言う人は、片頭痛かどうか疑いが有ります。片頭痛ではなくて緊張型頭痛の可能性が有りますし、全く別の病気が隠れているような二次性頭痛と言う可能性も考えられます。したがって片頭痛と思い込むのではなくて一度医者に相談して診断を受けた方が良いと思われます。二次性頭痛の場合には早急に対応が必要な事も有るので注意してください。